バイクの処分は一括査定がお得?

ローン中のバイク

名義人が自分ではないケースもありますよね。

しばらく手放すつもりはなかったけど、仕事や家庭の事情でバイクに乗れなくなってしまったり引越し先に駐車場が確保できなかったりと、 やむを得ない事情でバイクを手放さなければならなくなる時もあります。 その時に気になるのは、ローンの支払いが残っていてもバイクを処分できるのかという点です。 ローン支払い中のバイク場合は、車検証の所有者の欄には販売店の名前かローン会社の名前が記載されています。 名義上自分のものにはなっていないバイクを処分してしまってよいのか悩む人も多いと思いますが、手続きさえ踏めば問題ありません。 こういったケースでバイクを売却するときは所有権解除という手続きが必要で、ローンを完済することで名義を自分のものとしてから売却します。 また最近の大手買取業者では、ローン組みかえという方法や差額を現金払いにするなどの方法で対応している場合もあり、ローン中のバイクでも買取可能となっています。 中小のバイク買取業者の場合はこういったケースに対応できない場合もありますので、インターネットなどで大手業者を探し一括査定を依頼するのが便利です。 査定額はバイクの状態や走行距離によっても変わりますので、手放すしかない状況になり売却するとなったらできるだけ早く査定を依頼しましょう。